スマスロ北斗を打ってきました!!【ホールコンサル営業実録! 第99話】

スマスロ北斗を打ってきました!!【ホールコンサル営業実録! 第99話】

まいど~! ニッシーです! 新台導入までまだ2ヵ月以上も先なのに、ユーザーも特にホールも大盛り上がりのスマスロ北斗の拳!

他メーカーがGW商戦に用意していた新台は、4月リリースを避けて5月に回避? の気配もみられます!

そんな北斗の展示会が先週から始まりました~! 今は電話やらLINEで「北斗どう? 何台いくべき!?」この質問の嵐ですわ。

ということで今回は、スマスロ北斗の試打レポートをお届けしま~す!!

初代モードの再現度がハンパない!!

ざっくりいうと演出は当時のまま。下パネデザインも初代と一緒で遊技性も変わらないので、当時の記憶だけで打てました

4号機撤去後に引退したユーザーが打っても、すぐ理解出来ると思います。CMも打つとの事なので、スリープ層へのアプローチも魅力です。

当時の客が復活して、約20年振りにホールで遊技する風景が見られるかも!?

でも今作はスマスロ。メダルが出てこない事への戸惑い、からの~店員呼び出しがあちこちのホールで起こりそう(笑)。

さて、もう少し詳しく説明すると、今作の通常時は通常モード&初代モードの2種類から選択可能です。

初代モードに変な味付けしてないか心配でしたが…コレがまんま初代! 懐かしすぎる(涙)。通常モードでも最近の機械に比べガチャガチャしないので、ストレス低めの高評価です!

また、中押しも初代同様に可能。さらに上段「赤7・リプ・リプ」のリプレイこぼし目(内部でリプレイは入賞してます)も再現する作り込みっぷり!

もちろん、バックライト・アタッ! 音・ランプ矛盾・ステチェンイナズマ太・螺旋階段の時計回りで激アツ…なども復刻されてましたよ!

AT中のレア小役が仕事する!

バトルボーナス中のバトルもまんまですが、初代は10GのAT+JACゲームで140枚くらいだったのに対し、今作はAT30Gとなり、メダルの増加スピードも若干遅くは感じます。

ですが、初代を知らなければ30Gは短いくらいなので、そこまで大きな問題にはならないかと。

ここでも通常モードと初代モードで多少の演出違いはありますが、ざっくり言うと通常モードはチャンス予告、初代モードは後告知と言うだけで、少しのスパイスをどう受け取るかぐらいの感覚です。

獲得枚数はやはり荒れそうな感じ? 平均獲得は110枚と言われてますが、メイン役のベルが11枚役なので、落ちが悪いと80枚。逆に良いと150枚近く取れちゃいます。

また、初代と違いバトル中のレア小役が仕事をするのは嬉しい変更点!

負け確バトルで「雲流れずグハァ→獲得枚数表示画面で中段チェリー→ケーン!」みたいなパターンもあり(打ち手は復活なのか元々当選していたのかは見抜けません)、最後まで叩けるのも良し。

全体的に見て作り込みは最高評価です! 強いて懸念材料を挙げるとすれば…。

機械割が想定より低くなりそうな点。理由はATの枚数が荒れる事と、スイカが6枚役なので取りこぼしの損が大きい事。割数詐欺と騒ぐ人が出るかも?

まあ、それでもスリープ層が復活してくれてホール全体が盛り上がってくれれば何の問題もないっす!

販売台数は4月初期ロット3万台。4月後半2次ロット5000台、5月5000台の計4万台との話。注文次第ではさらに増産もあり?

話題機の売りすぎ問題はホンマご免だけど、今回の北斗はもう許しちゃう!(笑)

最新機種の攻略情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合