【パチンコ】連チャンこそ、パチンコの醍醐味!?【意識調査】

君はどの時代に、充実して打っていたのか!?

サムネ

12月7日からパチマガスロマガモバイルサイトにてアンケートを受け付けていた意識調査「どの年代のパチンコが一番面白かった?」の結果発表です! 長きに渡ってパチンカーとして生き抜いてきた方から、最近パチンコの味を知ったビギナーの方まで、多くの方々が投票して下さいましたが、いったいどのような結果になったんでしょうか!? それでは、カウントダウン形式でイッてみよ~!!

 

同率第7位:継続率65%時代(2016年~2019年頃)

北斗7
ぱちんこCR北斗の拳7 転生(2017)。1/319・確変65%・右打ち中のバトル勝利時は出玉約2400発だった。

【投票者のコメント】

◆MAX規制後も個人的にはMAXスペック以外で稼げたので。(P.N.ナシ)

◆収支的にはコロナ直前が意外と最もよかった。(P.N.ナシ)

【寸評】
この頃は確変も65%におさえられてますし、厳しい数年間だったと思いますね~。319でも右打ちがバトル勝利で2400発タイプの機種は割と人気はあったような気がしますが…。結局、2016年に規制前のタイミングで出た初代『真・北斗無双』の人気がずっとえげつなかった想い出があります。

同率第7位:CR機5回リミッター時代(1996年~1999年頃)

華観月
CR華観月Z(1997)。1/337・確変1/2・5回リミッター。

【投票者のコメント】

◆リミッターがあるからなのか、良く回る台が沢山あった。なので長時間打てる時はとても勝ちやすかった。(P.N.ナシ)

◆規制というより、この時期くらいまで換金率悪くてラッキータイム制なのもあって非常に勝ちやすかったです。あとパチスタが大好きでした。(P.N.ナシ)

何気に一番勝てた。釘が良く遊べた。(P.N.ナシ)

【寸評】
「継続率65%時代」同様の暗黒時代として名高い「CR機5回リミッター時代」ですが、意外に(!?)「よく勝てた」という声が多いようです。まあ、この頃はCR機以外に現金機の兄弟機もいろんな種類が出ていたし、台選びの幅もあった感じですかね~。

第6位:それ以前(1980年代前半以前)

フィーバー
フィーバー(1980)。インベーダーゲームに押されていたパチンコ人気を取り戻すきっかけとなった伝説の名機。

【投票者のコメント】

◆保留連チャン機、数珠繋ぎ連チャン機も確かに面白かったが、1番面白いのは羽根物、権利物、一発台等のアナログ機。個人的に、今のパチンコには全く魅力を感じないです。(P.N.ナシ)

【寸評】
いやはや、さすがにこの頃を知ってる方は年齢的にもアレなんで体験すらしていない方々のほうが圧倒的な数だとは思います。よってコメントもほとんどありませんでしたが、投票されてる方は意外にいましたね。当時を知らないアナログ機好きなら、タイムスリップして生きてみたかった時代なのではないでしょうか。

第5位:CR機隆盛時代(1992年~1996年頃)

花満開
CR花満開(1993)。確率1/308~1/269、3・7の大当りで以後2回ループの確変突入。保留連チャン1/10。

【投票者のコメント】

花満開、5号機から打ち始めた人間ですが、単純且つ熱いスーパーリーチノーマルからも期待できるという演出に熱くなれる最高の時代です。出玉も当たれば2400個くれるという今では考えられない良心設計!(P.N.ナシ)

◆今のように画一的な機種配分ではなく、店のカラーが色濃く出ていた時代でした。店によっては古い機種を大事に使ってましたね。初めての店を覗くワクワクが堪らなかった時代です。羽根モノフェチだったので、初めて触る羽根モノを見つけた日には興奮のあまり有り金全部ぶちこんでましたね。(P.N.わたぼ~)

◆昨今、回らなくなったパチンコを打つ気にはならない。等価で1k30や40、イベント時には100回回った時代に打ってた私にしたら、今のパチンコに全く興味がない。バレリーナミサイル羽根物がない現代では、STの理論値や回転数の理論値などでは打つ気にならん。その理論値って、いつ収縮してくれるんですかね?(P.N.ナシ)

【寸評】
CR花満開やCR黄門ちゃま2などの「確変突入で以後2回ループ」機が全盛の時代も、デジパチ連チャン機全盛時代同様アツかったですね~。ていうか、途中までは混在してましたから、どっちも楽しめたいい時代でした。この頃にパチンコにハマった人もかなりいるんではないでしょうか。

第4位:CR機混沌時代(1999年~2005年頃)

ヤマト2
CRフィーバー大ヤマト2ZF(2004)。1/496.5・確変突入率68%。

【投票者のコメント】

◆稼げた。(P.N.ナシ)

初代エヴァ、大ヤマト2等大好きな機種が打てた時期だから。(P.N.ソラ)

◆面白いというか、環境が非常にぬるかったので比較的簡単に勝てる→楽しかったと感じます。(P.N.ナシ)

◆ふらっと行って羽根モノをからかって帰るのが楽しかった。(P.N.ナシ)

正直好きだった機種は、大ヤマト2の1/496です。全てが、とても良かったです。今のヤマトには、その魅力がない…残念ながら…ガキーンのチャンス目と佐々木さんを聴く為に辛くても、回しました。松本零士の絵そのものでしたから、液晶もサウンドもとても感動しました。敵もカッコイイし、図柄も良かったですし、完璧な台でエヴァンゲリオンZFより大ヤマトを打ってました。今じゃパチンコにおいてステージチェンジは、当たり前ですが、戦艦があるだけで、宇宙空間がめちゃ綺麗でしたから、ヤマトが最強でした。SANKYOはほんとにサウンドがイイので、大ヤマトだけは、別格でした。エヴァZFより大ヤマトに魅力を感じていました。マックススペックだったので艦長プレミアを見るのは、かなり時間がかかりましたが、見れた時はとても感動した記憶が残っています。これを超えるヤマトは残念ながらSANKYOさんは作れてないのが、残念…。スペックは別としても…今のが時代は進んでいるのに。(P.N.月)

【寸評】
時代的にはようやくCR機のリミッターが解除されたが、なんだかんだで似たり寄ったりのスペックの台ばかりで、結局「海物語」シリーズが断然人気になっていた頃ですかね。後半にはそれこそ大ヤマト2やエヴァが登場して大人気となり、新たなパチンコブームへと突入しますが。

第3位:現在(2019年頃以降~)

炎炎
CRフィーバー炎炎ノ消防隊(2023)。2023年のキンパチNo.1候補!?

【投票者のコメント】

◆冷静に考えたら昔の台なんてよくあんなの打ってたなっていうようなクソ台ばかり。当時の思い出や出玉率コミの評価でしょう。パチンコ史上最高の台は炎炎ノ消防隊ですよ。(P.N.ナシ)

パチンコの進化は凄いですよ。(P.N.ナシ)

【寸評】
まあ最近パチンコを始めたばかりの方なら選択肢はコレしかないかもしれませんが、パチンコもかなり進化してるのは事実ですよね。

第2位:デジパチ連チャン機(保留連・イモづる連)全盛時代(1980年代後半~1990年代前半頃)

ブラキン
ブラボーキングダム(1992)。1/225・単発回しの攻略法でおなじみ。

【投票者のコメント】

◆連チャンこそ、わが命。連チャン機こそ、わが相棒。(P.N.ナシ)

アレジン・エキサイト・綱取物語・ソルジャーなど朝から有利でタイムサービスや無制限や交換などの店ごとの運用で楽しめた。(P.N.ナシ)

この頃のパチンコは玉持ちが良かった。調整次第では、当たりまで玉が減らない事も! 当然この頃の新装開店なんてまさに修羅場でしたね。(P.N.ナシ)

◆一撃で大儲け。(P.N.三毛猫)

◆液晶画面ど~ん!じゃなかった頃が良かった。(P.N.ナシ)

◆現金機の頃は色々な台があり、ダイナマイトエキサイトとかが好きで良く打ってました。今は殆どが同じような台ばかりでつまらん。(P.N.ナシ)

◆当時、レーザースペイシーが登場しスタートチャッカーが下部にあり賞球が1玉で衝撃でした。しかしチャッカーに入りやすい為ほぼ回りっぱなしで退屈しなかった記憶があります。今のクソ回らない1玉戻しとは全然違います。大当りのおまけチャッカーにより一度の大当りで4000発出たのも記憶にあり2.5玉交換でしたが、満足していました。今のギャンブルになってしまったパチンコとは違い遊技機でしたね。やはりパチンコは2.5から3.0位が丁度良いんじゃないですかね。(P.N.ナシ)

◆台の性能はもちろん交換率や条件(ラッキーナンバー制など)が一番バランスがとれてた時代だと思う。(P.N.旅鴉)

◆1985からのボタン攻略、黄門ちゃま等の節約打法。(P.N.みんジャグおやじ)

◆投資スピード、リーチアクションの時間、換金率に対する営業形態など、いまよりは懐に優しく遊べたから。(P.N.適合者)

ブラボーキングダムフィーバークィーンなど。(P.N.zenigata)

春夏秋冬。(P.N.ナシ)

連チャン機も良かったけど、羽根物や権利物など、色んなタイプがあったのが良かった。(P.N.ナシ)

◆パチンコを始めた時期でもあり、また1/240で2400発、2.5円交換、ラッキーナンバー制の時代が来ないかなと思ったりしてます。羽根物も面白かったし。(P.N.ナシ)

◆この頃はパチンコを主に打ってた。権利物、1発台ときてパチスロのモーニング覚えてパチスロが主になったな~。(P.N.Kazz777)

◆10代の頃に打った、Fクイーンパワフル綱取などの時代が一番パチンコが面白かった。適度な連チャンが遊戯として丁度良い。(P.N.ナシ)

【寸評】
なんか、やっぱり一番アツいコメントが多かったのが、この時代でしょうかね。連チャン機と言っても連チャン率なんていまの確変機と比べたらそれほど高いワケではなかったのに…。まあ、保留連チャン機なら玉を減らさずに連チャンが来るし、大当り1回分の出玉は多かったので、当時の状況を考えると今より遊べたと言えるかもしれませんね。攻略法あり、新装開店の修羅場・鉄火場あり、機械がぶっ壊れての大連チャンあり…いろんな伝説が生まれた凄い時代でしたね。

第1位:MAX機全盛時代(2005年~2016年頃)

がろ
CR牙狼XX(2008)。1種2種混合の大ヒット機種の先駆け。

【投票者のコメント】

◆MAX機に限らず「黒ひげ」や「歌舞伎剣」や「夕陽のガンマン」「ワニワニパニック」等の甘デジもバトルスペックがあって爆発力と演出面と高揚感は最高だった。ここ数年の台はとにかく演出が安いので、この辺の名機よりもハマる台はもう出ないと思っている。(P.N.ナシ)

◆スペックより映像や台枠が進化してきて、新台演出が楽しみだった。今は行きつく所まで来て、どこもネタ切れ感しか感じない。(P.N.4分の1チク)

◆スペック的にも技術介入要素にしてもその頃が一番好き。それより昔は、知らない。(P.N.ナシ)

◆とりあえず初代百花繚乱初代乙女が面白かった。甘もミドルも。(P.N.ナシ)

◆この時代の甘デジやライトミドルが1番勝ちやすかったので。今みたいなボーダー低めだけどヘソ1個返しとか詐欺みたいなのじゃなくて本当に甘い台が多かった。(P.N.ナシ)

◆MAX機があった時は日当2万超えの台とかよくあったし、何より技術介入で玉が増やせた。これが大きいです。(P.N.おじゃる)

◆ST中にテンパイ濃厚予告が出なくてもテンパイしたから面白かった。今は赤系などのテンパイ濃厚系の予告が出ないとほぼテンパイしない。(P.N.ナシ)

◆この頃はもう少し機種の幅があって、自分の好きなスペックを選べた。MAX全盛期とはいえ、ミドルが好きだったので299とか辺りを好んで打ってましたが。今は319の81%・ALL1500か3000搭載機が殆どで代わり映えしない。もう少し色々なスペック出して欲しい。(P.N.ヒナ)

初代牙狼! CRFEVERタイガーマスクが好きでした!(P.N.ナシ)

【寸評】
1位はいわゆる1/399のMAX機が全盛だった時代でした! やっぱり昭和や平成初期を知らない年齢的に若い方だとコッチになるでしょうし、年配層からの支持も結構あったようで、スパン的にも長めだし、得票率的には圧倒的でしたね。MAX機だけでなく、甘デジやライトミドル、役物機も充実してたり、1種2種混合機も台頭して来たりと、いろいろ勝てる要素があった時代なのかもしれませんね。

グラフ

第1位:MAX機全盛時代(2005年~2016年頃)
第2位:デジパチ連チャン機(保留連・イモづる連)全盛時代(1980年代後半~1990年代前半頃)
第3位:現在(2019年頃以降~)
第4位:CR機混沌時代(1999年~2005年頃)
第5位:CR機隆盛時代(1992年~1996年頃)
第6位:それ以前(1980年代前半以前)
同率第7位:CR機5回リミッター時代(1996年~1999年頃)
同率第7位:継続率65%時代(2016年~2019年頃)

 

意識調査へはここからもアクセス可能!!

意識調査関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合