時代の流れ!? デビュー時と比較するとあの人気キャラも着実に「萌え」仕様に!【PLAYBACK/パチンコ進化論 萌えパチ【二次元編】②】

先日、残念ながら廃業となった「西陣」キャラも大集合!!

※当該記事は2016年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。また白黒の写真が中心となりますが、ご了承ください。


「パチンコ攻略マガジン」誌上にて2016年7月より連載が開始されていたのが「パチンコ進化論」。2016年までのパチンコの歴史、その細部にまで焦点を当て、紐解いていく企画となっていました。そして今回、その誌面記事をWEB上に完全再現! あらためてパチンコの歴史を確認していきます!!

第6回目となる今回のテーマは「萌えパチ」。今では当然のように専用コーナーまで存在する「萌えパチ」だが、その原点は意外な機種がスタートだった! さらに今回は「萌えパチ」の中でも二次元キャラやアニメキャラにスポット。各メーカーを当時代表する「萌えパチ」をまとめて紹介していくぞ。


今やパチンコには欠かせない重要コンテンツに!!

登場当初はそれほど感じなかったが、徐々に夢夢ちゃんも萌え要素を纏い、ナナちゃん・ジャムちゃんとともに萌えの一端を担うようになった。初代「ナデシコ」は機種名に"M.O.E"が付くほど意識されている。

ほのかやそよかは登場当初CGキャラが多かったが、最近ではアニメやデフォルメキャラも多い。「モモキュンソード」はアニメ化もされた。

ローズテイルアルティメットの筐体には主人公「のばら」のフィギュアが。タイアップ機のバーストエンジェルは水着カットを搭載。

 

真田純勇士では、推しキャラのコスプレを変えられるカスタム機能を搭載! 上記以外に「バスタード!!暗黒の破壊神!」もヒロインがコスプレする演出が発生するぞ。

今回はここまで! 次回(3月24日更新予定)でもまだまだ存在する萌えキャラたちを大量お届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合