沖縄と打って変わって鹿児島では苦戦ゼロ! 実力発揮で充実の稼働!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル7 vol.6】

あっという間にノルマをクリア! その勢いのまま試練へ!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2016年2月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回の角屋角成によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。現在もパチマガスロマガで活躍中の日向七翔が旅打ち人となって挑んだ、過酷な旅程をまとめて公開していきます!!

2015年12月に沖縄の地を出発するのは角屋のときと同様ですが、なんと今回は北海道を目指して日本列島を一気に北上。そこから東京を目指すという前回以上に超ハードな旅となっています。

設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 旅打ちの結果とともに…その機種・その土地ならではの立ち回りをお楽しみください!!


ノリにノった日向は止まらない!!

充実の稼働内容 これが本当の日向です!

沖縄県ではなかなか結果がついてこず、苦戦続きだったのに対して、鹿児島県は序盤から絶好調。ハイエナを軸に特定日には高設定狙いをし、しっかり高設定をGET。余裕を持って稼働することが出来ました。

自分が鹿児島県で一番大事にしていたのは毎日の下見。もちろん各ホールに何人か下見している人はいますが、鹿児島県は各ホール間で距離が離れており広範囲で下見している人は皆無です。なので、自分は毎日数10店舗下見をし、どんどん移動しながら立ち回っていました。

ハイエナでは高い期待値を拾うことは確かに大事ですが、なにより台数をこなすことが重要だと自分は思います。期待値3000円の台を1台拾うより、期待値2000円の台を2台拾うほうが、トータルすると期待値は高くなります。そのため、自分は早い段階からガンガン打って、台数をこなしていきました。

毎日しっかり台数をこなすことができ、収支も右肩上がりに。稼働内容・収支共に大満足の結果になりました。これが本当の日向七翔です(笑)。

今は地元宮崎県。この調子で勝ち続けられるように頑張ります!

鹿児島県では早い段階でホールの傾向を見抜き、余裕を持って立ち回ることが出来ました。さらに、特定日に全台高設定シマがあるホールを発見。自分も2回ツモることができ、大満足の稼働内容でした。

 

試練は苦手な大食い その時日向は…?

鹿児島県の試練はぢゃんぼ餅の大食いです。これは2本の串に刺さった一口大のお餅。自分は小食で大食いは苦手な方。しかし、制限時間は約9時間と長め。これだけ時間があれば大丈夫だろうと考えながら試練へ。後々この考えが甘かったことを痛感しました。

試練を開始して30分で2皿完食。味も美味しいのでこれなら試練クリアは余裕だと思っていたのですが…。3皿目の途中から一気にペースダウン。お腹がパンパンすぎてなかなか進まなくなりました。

しかし、地道に1個1個食べていきなんとか制限時間内に完食! どうにか試練クリアです。今回は急いで食べていてしっかりぢゃんぼ餅を味わうことが出来なかったので、今度行く機会があればしっかりゆっくり味わいたいですね。その時はもちろん1皿だけで(笑)!

今回はここまで! 次回(5月1日更新予定)では日向の地元である宮崎県に突入! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合