調子にのってスタートの北海道からいきなり大苦戦…まさかのリタイア!?【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル8  vol.2】

あるきっかけでいきなり流れが激変! 序盤の不調を跳ね返すか!?

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2017年7月号~

以前、掲載した「第9弾パチスロ旅打ち」の1つ前。2017年5月に北海道をスタートした「第8弾パチスロ旅打ち」をお届け!

順番は前後してしまったものの、第8代旅打ち人・睦月ライドはどんな立ち回りを魅せ、日本を順段していくのか注目。そしてどんな結末となるのか…。

当然現在とは設置機種は異なるものの、その立ち回りは参考になること間違いなし! 旅打ちの模様とあわせてチェックしていってほしい!!


移動するごとに変化する状況に対応できるか

後方から一気に捲る怒涛の快勝劇

勝負事には「流れ」というものが存在すると思う。

北海道での序盤は立ち回り・ヒキが酷く、借入金やリタイアまで視野に入る大苦戦。おそらく中間設定であるジャグラーに振り回され、ハイエナでもなかなか結果が付いてこない。色々な事が走馬灯のように流れ、旅打ちがダメだった場合、次の仕事をどうするかまで考え始める日々を過ごしていた。

しかし、ミリオンゴッド神々の凱旋の天井狙いにて、青7が7連という小さな奇跡を起こしたあたりから、急激に流れが変わり出した。

何を打っても勝つ。そして収支も付いてくる。

挙げ句の果てには、宵越し狙いで打ち始めたバジリスク絆がリセットの高設定である事に気が付き、怪我の功名のような形でバジリスク絆の高設定を打てたりもした。

その結果、序盤の不調を一気に跳ね返し、軍資金に余裕が出るほどのプラス収支を叩き出す事に成功。あれ? 案外、旅打ちって簡単なの?

ロケットスタートで王手をかける?

いやいやいや、簡単じゃない。どう考えても期待値の上振れで、北海道ラスト2日間は約5万円の大敗を喫した。収支は余裕だが、心の余裕は全然作れていない状態で次の青森県へ突入することとなった。

北海道での最後の大敗は僕の中ではトラウマになりかけるほど辛い出来事で、青森県での稼働に支障が出るのではと思っていたけど、そこは能天気な性格が幸いしたようで、ホール調査に時間を費やすと決めていた初日から、いきなりニューアイムジャグラーを打つというアグレッシブな行動をとった。

ブログを読んで頂いてる方の過半数が「またか」と思う雑な動きをしたのだが、終わってみれば4万円の快勝。次の日も2万円程の勝利。北海道で苦戦したのは何だったのか? あっさり2日間でノルマを達成して少し拍子抜け。

しかし、ここから本当のキツさを肌で感じることとなるのです。
収支の更なる上乗せを目指し、稼働を続けるとまさかのノルマ割れ。青森は専業の方が多く、打ち手のレベルが高いので、いきなり参入した僕が結果を出すほど甘くはありません。

それでも、何とか設定の良さげなファンキージャグラーで収支を上げ、青森脱出となりました。やっぱり、旅打ちは甘くないですね…。

今回はここまで! 次回もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合